大分と言えば「とり天」!絶品のご当地グルメは必食の名物
大分と言えば「とり天」!絶品のご当地グルメは必食の名物
  • 九州はグルメの宝庫でもありますが、大分県で一番のご当地グルメと言えばやはり「とり天」です。

    とり天は、その名の通り、

    鶏肉に天ぷらの衣をつけてしっとりと揚げた唐揚げの姉妹品のようなもの。


    酢醤油にお好みで辛子やカボスを少量混ぜてあっさり頂く郷土料理になります。

    鶏肉の部位はもも肉や胸肉、そしてささみが使用されることもあり、家庭によって異なることも特徴的です。


    ※カボス


    そんなとり天を完成させたと言われているのが、別府市にあるレストラン東洋軒です。

    県内で最も古い歴史を持つ洋食店としても有名な東洋軒では、昭和初期からとり天を提供していました。

    とり天は店内で評判を呼び、別府市から大分県全域、そして全国へとその名を知らしめることになります。


    出典元:360@旅行

    現在はレストランのみならず、大分県全域の喫茶店や居酒屋でもとり天が提供されています。

    スーパーのお惣菜としてもお馴染みの存在であり、県民はお弁当のおかずにもとり天をチョイスします。

    全国的には鶏のおかずと言えば唐揚げですが、大分県ではとり天が主流という訳ですね。


    県内で食事をする際には、必ずと言っていいほど、とり天という三文字を目撃するはずです。

    地元を感じられる料理として、大分を訪れた際は一度は召し上がってみては如何でしょうか。


新着店舗

La Reine
2019.08.17
別府市

赤とんぼ
2019.07.11
別府市

夢飯厨房 宇へのと宙
2019.06.27
都町

ボリューム満点!豊富な種類のお酒も自慢のお店

焼とりダイニングわてん 畑中店
2019.06.22
賀来・わさだ・南大分

宮崎県産の新鮮な鶏を、毎日1本1本串打ちをして、備長炭で丁寧に焼き上げる焼鳥が自慢...

たべるな
2019.06.07
グルメ

また食べに来たよ  その言葉を聞く...

ランキング

MAP